トリコモナス

トリコモナスとは


肉眼では見えないほど小さな(0.1mmぐらい)トリコモナス原虫が性器内に入り込み炎症を引き起こす性病。

主に性行為で感染しますが、下着、タオル、便器、浴槽などから感染する可能性があり、実際、性交経験のない人や幼児でも感染します。

トリコモナスの感染ルートと潜伏期間


性行為による感染が主ですが、下着、タオル、便器、浴槽などでの感染の可能性もあります

潜伏期間は10日ほど。男性の場合、排尿時に軽い痛みがでる。排尿により洗い流される可能性もある。女性の感染者も半分くらいは症状がほとんど無い。

どんな人が感染しやすい

性交渉による感染が主となっているため、不特定多数と性交渉をすることで感染の確率は格段にあがります。また、コンドームを付けないと感染する可能性が高まります。

温泉施設など、公共の水場を利用する際にも感染の恐れがあるたります。

どんな症状がでるの

男性の場合は主に尿道から膿が出る、軽い排尿痛があるなどで、悪化すると尿道炎の他、前立腺炎を発症します。

女性の場合は異臭の強い黄白色の泡沫状のおりものが増加、膣やその周辺のかゆみや痛みを感じるなどといった症状が出ます。悪化すると炎症が卵管まで進み、不妊症や早産、流産をまねく程ひどくなってしまいます。

どうすれば治る?

男性の場合、内服薬を1週間~10日服用します。 トリコモナスの治療中はアルコールの分解が阻害されるため、悪酔いやアルコール中毒症状を引き起こすことがありますので飲酒は避けましょう。

女性の場合、膣錠や軟膏による局所療法が主ですが、感染病巣の広がり次第によっては膣以外の隣接臓器に寄生しているトリコモナス原虫を完全に排除できないことがあります。このような場合には、内服薬による治療を行います。

パートナーと同時に治療しないと、ピンポン感染(お互いにうつしたり、うつされたりを繰り返すこと)するので、必ずパートナーと一緒に治療しましょう。

まずは検査から

受付

クリニックにお越しいただきましたら、まず簡単な問診票の記入をお願いします。
匿名での記入でOKです。

問診

基本的には問診のみでどの検査が必要かは判断できます。
患部を見せていただく必要はありません。

検査

尿検査を行います。

結果報告

感染していた場合には、投薬治療となります。 後日、検査結果がわかるものについては、 お電話などで確認できます。

書面が必要な方は、検査結果をお渡しいたします。

検査と治療の料金

トリコモナスの検査料金(自由診療)

たいようクリニックでは、問診料や再診料は頂いておりません。
患者様のご負担は、検査料金とお薬代のみです。

尿検査

●検査結果…5日~7日後
●料金…8,000円(税別)
●診察料…0円

※検査をしても検出されないことがある為、パートナーがトリコモナスに感染していた時は治療をお勧めします。

トリコモナスの治療料金(自由診療)

●治療方法…10日間の薬の服用
●料金…10,000円(税別)
●診察料…0円
(内服開始から、13日間の禁酒が必要となります。)

トリコモナスの予防方法

トリコモナスの予防にはコンドームの使用が有効です。

また、温泉施設など、公共の水場を利用する際にも感染の恐れがあるため、椅子に座る際にはタオルをしいて直接肌が触れないようにしたり、プールや温泉に入った後は体をしっかりと流すなど、トリコモナス原虫が肌に付着した状態にならないようにすることが重要です。