毛じらみ

  • 性器の周りがかゆい

毛じらみとは

毛じらみとは、人間に寄生する昆虫の一種である「ケジラミ」が陰毛に住み着いてしまう症状。
ケジラミは半透明でカニのような形をしており、体長は1.5mm~2mmほど。陰毛にしっかり捕まるために発達した爪を持っており、せっけんやボディーソープで洗った程度では離れることは少ない。
卵から幼虫、そして成虫になるまでと、一生を陰毛が生えている場所で過ごす。
栄養源は、皮膚からの吸血。

どんな症状が出るのか

吸血するときに噛まれると、強いかゆみが引き起こされます。
ケジラミはあまり移動せずに生活するので、同じ場所を何度も噛まれることになり、かゆみがどんどん増していく傾向があります。
感じ方には個人差がありますが、陰毛が生えている部分がかゆいのが症状です。

感染ルートと潜伏期間

主な感染ルートは、ケジラミが寄生している人との性行為などで、陰毛と陰毛が触れ合うこと。
まれにホテルのタオルや寝具を介して間接的にケジラミが寄生することもあります。
潜伏期間は特になく、ケジラミが陰毛に引っ越ししてきたときから「毛じらみ症」となります。

放置するとどうなる

かゆみが出るので放置する方は少ないと思われますが、放置していると、成虫が卵を産み、卵から幼虫が生まれるというサイクルが続くので、ケジラミがずっと住み続けることになります。
ケジラミが自然にいなくなることはありません。
また、ケジラミに噛まれ続けると皮膚に痕が残ることがあります。

検査と治療について

いつから検査できる?

潜伏期間などありませんので、いつでも検査可能です。

受付

予約はいりませんので、直接クリニックへお越しください。
簡単な問診票を記入(匿名)いただいた後、受付の男性スタッフが検査の説明、ご案内をします。

検査

陰毛を拡大鏡で視診し、成虫や卵がいるかどうか確認します。

検査と治療の料金(自由診療)

  • 診察・検査料金…5,000円(税別)
この記事の監修者:野口 真康
たいようクリニック八重洲院院長
日本性感染症学会 会員