のどの性感染症

のどの性感染症とは

のどの性感染症

のどに感染する性感染症は、以下の4種類です。

  • 咽頭(いんとう)クラミジア
  • ・咽頭淋病
  • ・咽頭マイコプラズマ
  • ・咽頭ウレアプラズマ

性感染症(性病)といえば、性器周辺への感染をイメージされるかもしれませんが、性感染症はのどにも感染します。
とくに近年はオーラルセックスが一般的になったこともあり、感染者が増加しています。
男性の性器から女性ののど、女性ののどから男性の性器、女性の性器から男性ののど、キスをすればのどからのどへ感染します。

気づかぬままに感染が拡大

咽頭クラミジア、咽頭淋病、咽頭マイコプラズマ、咽頭ウレアプラズマの4種類とも感染初期は症状が出ません。
2~3週間ほどでのどの痛みや腫れ、軽い発熱などの症状が出ることがありますが、感染初期同様に無症状のままの場合も多く、気づかぬうちにほかの人へ感染を拡げる可能性があります。
風俗で遊んだり、不特定の方と性行為をした場合は、検査を受けておくのがいいでしょう。

自然治癒はしない

のどの性病は風邪と間違えられることが多いのですが、風邪とは違って自然には治りません。
治療するためには、それぞれの細菌に合った抗生剤の服用もしくは点滴が必要です。

まずは検査から

受付

感染する可能性が考えられる行為をしてから一週間以上経っていれば、正確な検査結果が出ます。
検査に予約はいりませんので、直接クリニックへお越しください。
簡単な問診票を記入(匿名)いただいた後、受付の男性スタッフが検査の説明、ご案内をします。

問診

基本的には医師による問診のみでどの検査が必要かは判断できます。
患部を見せていただく必要はありません。

検査

咽頭クラミジア、咽頭淋病、咽頭マイコプラズマ、咽頭ウレアプラズマの検査は、うがい液での検査です。
うがいするだけなので、身体へ負担はかかりません。

検査結果

咽頭クラミジア、咽頭淋病、咽頭マイコプラズマ、咽頭ウレアプラズマの検査結果は2~3日後に出ます。
再度来院していただくか、お電話でも結果を確認できます。

検査と治療の料金(自由診療)

咽頭クラミジア

  • 診察料…0円
  • 検査料金…8,000円
  • 治療費…10,000円または15,000円

咽頭淋病

  • 診察料…0円
  • 検査料金…8,000円
  • 治療費…10,000円または15,000円

(点滴が必要な場合は20,000円となります)

咽頭マイコプラズマ

  • 診察料…0円
  • 検査料金…8,000円
  • 治療費…10,000円または15,000円

咽頭ウレアプラズマ

  • 診察料…0円
  • 検査料金…8,000円
  • 治療費…10,000円または15,000円

咽頭検査セット(上記の4種をまとめて検査)

  • 診察料…0円
  • 検査料金…20,000円
この記事の監修者:野口 真康
たいようクリニック八重洲院院長
日本性感染症学会 会員