淋病

淋病とは

細菌の一種である「淋菌」に感染することで起こる性感染症。男女ともに感染しますが、圧倒的に男性の患者が多いのが特長です。

主な症状は尿道の痛みや膿の分泌などですが、そのまま放置していると症状が進行。激しい痛みや炎症が全身に広がります。世界的に感染者が急増しており、日本においても身近な性感染症の一つとされています。

淋病の感染ルートと潜伏期間

性行為(男性同士を含む)やオーラルセックスなど、感染者の粘膜や分泌物との接触により感染します。感染率が高く、直接的な性行為をしていなくても、手指やタオルを介しての感染が疑われる事例もあります。

潜伏期日間 2~9日

感染後2~9日は特に痛みや症状は現れず、その後、尿道の痛みや発熱などの症状が現れます。近年では潜伏期間が2週間以上もある事例や、発症後も目立った症状が現れないケースも報告されているため、心当たりがある方は念のため検査することをおすすめします。

どんな人が感染しやすい

淋病は性行為や性的接触により誰しもが感染する可能性がありますが、特に不特定多数と性行為をする(した)方、コンドームなしで性行為をする(した)方は危険です。

淋病には予防接種がなく、また、免疫もできないので、治療で治っても再度感染します。

どんな症状がでるの

淋病の症状は感染ルートによって異なります。

性行為による感染の場合 

尿道に炎症が起こり、尿道のかゆみや発熱、排尿時にうずくまるような痛みが起こります。また、尿道から黄色くドロっとした膿が出るのも特長です。ただし、目立った自覚症状が現れない場合もあります。

オーラルセックスによる感染の場合

咽頭や直腸に淋菌が感染することがあります。咽頭の場合は「咽頭淋病」と呼ばれ、ムズムズとしたかゆみや不快感、痛み、出血などがあります。直腸の場合は加えて、下痢や血便などがあります。

放っておくとどうなるの?

治療をせずに放っておくと、前立腺炎や精巣上体炎を発症。治療後に無精子症を生じる場合もあります。

さらに、淋菌が血液にのって全身へと進行し、関節や皮膚に炎症が起こる場合や、稀に心膜炎や髄膜炎、肝周囲炎を発症することもあります。また、エイズに感染しやすくなるという報告もされています。

どうすれば治る?

抗生物質を点滴することで治療できます!

ほとんどの方は1回の点滴で治療できます。

まずは検査から

受付

クリニックにお越しいただきましたら、まず簡単な問診票の記入をお願いします。
匿名での記入でOKです。

問診

基本的には問診のみでどの検査が必要かは判断できます。
患部を見せていただく必要はありません。

検査

綿棒で膿を採取するほか、膿が少ししかない場合は尿道を少しこすって検体を採取します。精密検査は採尿で行います。

結果報告

即日(クイック)検査については、医師と一緒に検査結果を確認します。 感染していた場合には、投薬治療となります。 後日、検査結果がわかるものについては、 お電話などで確認できます。

書面が必要な方は、検査結果をお渡しいたします。 

検査と治療の料金

 

淋病の検査料金(自由診療)

たいようクリニックでは、問診料や再診料は頂いておりません。
患者様のご負担は、検査料金とお薬代のみです。

淋病即日検査

既に強い症状が出ている方向け
膿が採取できる方
●検査結果…約30分後
●料金…8,000円(税別)
●診察料…0円

淋病精密検査

症状はないが不安な方向け
●検査結果…2~4日後
●料金…8,000円(税別)
●診察料 0円

淋病・クラミジアセット検査

他の性病もしっかりと検査したい方向け
●料金…30,000円(税別)
●診察料…0円
下記4種類の検査・治療料金が含まれます。
・性器クラミジア ・性器淋病 ・咽頭クラミジア ・咽頭淋病

※陽性の場合のみ治ったかどうかの確認検査を行ないます。
※淋病の感染があった場合は、点滴治療が必要となる為、別途20,000円(税別)かかります。

淋病の治療料金(自由診療)

●治療方法…点滴(30分)
●料金…20,000円(税別)
●診察料…0円

淋病の予防方法

もっとも基本的かつ大切なのが、コンドームを使用すること。性行為はもちろん、性交類似行為(オーラルセックス等)も含む性的接触の際には、必ずコンドームを使用しましょう。

無症状で感染している場合もあるので、不特定の相手との性的接触を繰り返し行う場合や複数の性的なパートナーがいる場合には、感染の拡大を防ぐために定期的な検査が必要です。

淋病マメ知識

まさにパンデミック状態!
世界で猛威を振るう「淋病」

世界保健機関(WHO)が声明を発表!

全世界で8,000万人もの患者数がいると推計される淋病。日本ではクラミジアなどに比べて知名度は低いですが、その患者数は世界的に急増。アメリカでは数ある性感染症のなかでも特に深刻な問題とされ、世界保健機関(WHO)も「制御できない状況に陥る可能性がある」と声明を発表しています。

薬剤が効かない「スーパー淋病」の恐怖

これほど淋病が危険視されているのは、既存の抗生物質が効かない「スーパー淋病」の登場が原因です。

2008年に京都で報告されて以降、世界中に感染が拡大。実際にオーストラリアなどでは抗生物質が効きにくくなっていることが判明し、最悪の場合には治療不能に陥る危険性すら指摘されているのです。

不妊に悩まされる恐れも…

淋病は慢性化すると、完治しても無精子症となる恐れがあります。
また、淋病は男性だけではなく女性にも感染しますが、自覚症状がほとんどなく、気づかず放置されてしまう方が多くいます。

女性の場合はそのままだと、卵管や子宮内に炎症が波及。不妊や子宮外妊娠の原因となってしまいます。子供になかなか恵まれない、不妊治療に多額な費用がかかる…など、治療を行わないことで、夫婦で大きな悩みを抱えるケースも増えています。

エイズ感染の確立も上昇!

淋病は粘膜に炎症を起こす病気。エイズウイルスは炎症状態の粘膜から感染しやすく、感染確立が数倍増加することも確認されています。

同性同士での性的接触に心当たりがある方は特に注意が必要! 「命に関わる病気じゃない」と甘く考えず、しっかりと検査・治療を行いましょう。