クラミジア

クラミジアの感染ルートと潜伏期間


クラミジアとは、クラミジア・トラコマチスという細菌が尿道やのどに入ったときに生じる性感染症です。

感染ルートは、感染者との粘膜接触。コンドームを使わないフェラチオやクンニ、素股、セックス、アナルセックスで感染します。フェラチオや素股のときはコンドームを使わない人が多いでしょうから、風俗などで遊んだときに感染する可能性はとても高いです。性器のほかにも、のどにクラミジアを持っている相手とのディープキスでも感染するので要注意。

感染した後は、1週間~3週間の潜伏期間を経た後に症状が出ますが、その症状は尿道が少しむず痒いかな?白や透明の液体がパンツに付いていたような… 程度のごく軽いもの。そのような症状が全く出ない人も半分ほどいます。

いつ感染してもおかしくない

クラミジアは感染者がもっとも多い性病で、2006年に行われた調査では、女子高校生の13.1%が感染していることが判明しました。アメリカの同年代は3.1%ですから、いかに日本で蔓延している性感染症であることがわかります。
もちろん、風俗で働く女性や風俗で遊んでいる男性の感染率はこの比ではありませんから、誰でも、いつ感染してもおかしくない性感染症です。

出典:厚生労働省「性感染症報告数」より

クラミジアは、HIVやエイズのように感染者の数を都や県に届ける必要がないので正確な感染者数や感染率はわかりませんが、例えばピンクサロン(ピンサロ)などシャワーがない店舗でフェラチオを繰り返している女性は咽頭に感染するリスクが非常に高いといえます。ピンクサロンで働く女性は、おそらく50%前後の方が咽頭クラミジアに感染しているのではないでしょうか。もちろん、ピンクサロンを利用した男性も感染している確率が高いです。その他の風俗で働く方の感染率は、25%前後といったところでしょう。

クラミジアは感染力が非常に強い

咽頭クラミジアに感染した女性にフェラチオされた場合、50%の確率で性器クラミジアに感染します。また、性器クラミジアに感染した性器をフェラチオした女性も50%の確率で咽頭クラミジアに感染します。
クラミジアは、この感染力の高さも特徴で、口から性器、性器から口、口から口(ディープキスでも咽頭クラミジアに感染します)、もちろん性器から性器、と粘膜を介してどんどん感染していきます。

感染しても気づかない

クラミジアの感染者が増える背景には、感染力の高さのほかにもう一つ「感染していることに気づきづらい」という点があります。
前述したように、クラミジアが性器に感染すると、尿道が少しかゆくなったりしますが、症状は軽く、気づかない人も半分以上います。
また、咽頭に感染した場合はのどが腫れたり痛くなったりすることがありますが、こちらも症状は軽いです。
さらに、女性の場合は自覚症状がない場合がほとんどなので、何年もクラミジアに感染したままの人も多いのです。

男女ともに検査をしない限り感染に気づけないのが、感染が拡大する理由です。

気づかず放置するとHIVや不妊のリスクに

クラミジアに感染しても、痛くもかゆくもないからといって、放って置いてもよいわけではありません。

クラミジアに感染しているままだと、男女ともにHIVに感染する確率が飛躍的に上がります。
クラミジアは抗生剤で治りますが、HIVはまだ完治させることができない病気です。
また、淋病や梅毒などの重い性感染症にもかかりやすくなります。まだクラミジアで済んでいるうちに、検査、そして治療しておきたいものです。

もうひとつのリスクが、クラミジアに感染すると、男女ともに不妊症になるということ。
若くても自然妊娠しないカップルの多くは、クラミジアに感染している可能性が高いことが指摘されています。
とくに女性はクラミジアに感染している期間が長いとそれだけ不妊になりやすく、妊娠中に感染していると流産、死産につながります。

パートナーがいる方は、パートナー以外と遊んだ場合は必ず検査を受けてください。取り返しがつかないことになりかねません。

このように、クラミジアに感染しても、どこかが耐えられないほど痛くなったりはしませんし、まったくの無症状の場合も少なくありません。
しかし、感染したままだとHIV(エイズ)の感染リスクの増加、その他の性病の感染リスクの増加、不妊、パートナーの流産、死産につながるなど、クラミジアは、実は怖い病気なのです。

どうすれば治る?

マクロライド系の抗生物質を飲めば、1週間前後で治ります。
抗生物質に耐性があるクラミジアに感染した場合は、処方した薬が効かない場合がまれにありますが、その際は別の抗生物質を処方しますのでご安心ください。

まずは検査から

受付

予約はいりませんので、直接クリニックへお越しください。
感染した可能性が考えられる行為をしてから3日以上経っていれば、正確な検査結果が出ます。
簡単な問診票を記入(匿名)いただいた後、受付の男性スタッフが検査の説明、ご案内をします。

問診

基本的には医師による問診のみでどの検査が必要かは判断できます。
患部を見せていただく必要はありません。

検査

性器(尿道)クラミジアの検査は尿検査です。クリニック内のトイレで採尿していただきます。検査前の1時間はトイレに行かないでください。
咽頭クラミジアはうがい液での検査となります。

検査結果

性器クラミジアの検査結果は30分~1時間後に出ますので、陽性の場合はその場で抗生物質を処方します。1回飲むだけで効果が1週間続くので、それで完治することがほとんどです。
咽頭クラミジアは結果が出るまでに1~2日かかります。再度来院いただくか、お電話でも結果を確認できます。
書面が必要な方は、検査結果の紙面をお渡しいたします。

検査料金

・クラミジアの検査料金
8,000円(税別)

・クラミジアのお薬代
15,000円(税別)

初診料、再診料はいただいておりません。患者様のご負担は、検査料金とお薬代のみです。
また、当クリニックは自由診療(保険適用外)なので、検査や治療の履歴は医療費の通知書に記録されません。そのため、会社や家族にバレる心配がありません。

クラミジアの予防方法

まずは、自分が感染しているかどうか検査で確認しましょう。無症状なので、すでに感染していても気づけません。
クラミジアの予防方法は、セックスのときはもちろん、フェラチオや素股のときもコンドームを使うことです。
クンニやディープキスは避けましょう。

クラミジア豆知識

夫婦関係の危機に

クラミジアの怖さは、感染に気づかないので無自覚なままパートナーにうつしてしまうかもしれないということです。
奥さんが子供を授かり、妊娠初期の検査を行ったところ、そこでクラミジアに感染していたというケースは少なくありません。
妊娠した女性は病院で性病検査を受けることが義務付けられているので、何かの性病を持っていれば、そのタイミングで発覚します。

ただでさえ子供を産むことに不安を抱えている女性にとって、夫から性感染症を移されたという事実は大きな怒りにつながり、関係は悪化。ときには家族を巻き込んで泥沼化することもあります。

コアラが絶滅の危機

オーストラリアにいる野生のコアラが、クラミジアの流行により絶滅の危機に瀕しています。
調査によると、オーストラリア大陸のコアラの50%~80%がクラミジアに感染しており、感染したコアラは不妊になるので繁殖ができなくなります。さらにクラミジアにより尿道炎を発症して死亡したり、失明するコアラが大量に出ています。
ようやく今年の夏にワクチン開発の目処がたったようですが、間に合うでしょうか。心配ですね。