よくある質問

クリニックに関するQ&A

Q保険証は必要ですか?
A当院の検査・治療はすべて自由診療(保険適用外)ですので保険証は必要ありません。
Q予約なしでも大丈夫ですか?
A予約の必要はありません。診療時間内に直接お越しください。
Q診療時間は何時までですか?日曜も診療していますか?
A月~土曜日は9時~14時、16時~19時。日曜、祝日は9時~15時が診療時間。年中無休です。
Q待ち時間はどれくらいですか?
A5分~20分程度です。待ち時間をできるだけ無くしたい場合は、予約も受付けております。
Qプライバシーは守られますか?
Aお客さまをお呼びする時は番号でお呼びします。また、診察内容は外の待合室に音が漏れない構造です。保険診療ではないので、会社にも家族にも診察記録はバレません。

クラミジアに関するQ&A

Qクラミジアは自然に治ることがありますか?
Aクラミジアは自然には治らないので、抗生物質の服用が必要です。
当院では効果の持続時間が長く、1度の服用で治療できる薬を処方しております。
Qクラミジアに感染していると、他の性病にもかかりやすいのですか?
A特に淋病との合併が多く見られます。また、HIVにも感染しやすくなるので要注意です。
クリニックにお越しいただければ当日に他の性病も併せて検査、治療できますのでご安心ください。
Qクラミジアの薬を飲んだけど、なかなか症状がなくなりません。
Qクラミジアはパートナーに感染っていないでしょうか。
A当院での検査、治療であれば健康保険の医療費通知などでパートナーへバレないので、浮気を疑われることはないでしょう。
しかし、女性がクラミジアに感染すると、場合によっては不妊症になることもあり、妊娠初期なら流産にもつながるので、検査することをおすすめします。

淋病に関するQ&A

Q淋病は自然に治ることがありますか?
A淋病は自然には治らないので、抗生物質の服用が必要です。
当院では効果の持続時間が長く、1度の服用で治療できる薬を処方しております。
Q淋病に感染していると、他の性病にもかかりやすいのですか?
A特に性器クラミジアとの合併が多く見られます。また、性器の淋病と咽頭(のど)の淋病
を併発しているケースも多くあります。
クリニックにお越しいただければ当日に他の性病も併せて検査、治療できますのでご安心ください。
Q淋病はパートナーに感染っていないでしょうか。
A性行為やオーラルセックスをしていない場合でも、同じタオルを使うなどでも感染するので要注意です。
女性の場合は自覚症状がない場合が多いので見過ごされることがありますが、不妊症や内臓疾患につながるので、検査することをおすすめします。

その他性病に関するQ&A

Q.自然治癒する性病はありますか?
A.基本的に、性病は自然治癒しません。
しかし、まれに風邪やその他の病気で抗生物質を飲んだ際に、その抗生物質がクラミジアやマイコプラズマ、ウレアプラズマにも効いて治る場合があります。
本当に治っているのか潜伏しているのかはわからないので、その場合でも検査を受けて治っているのかを確認するのがよいでしょう。
Q.あやしい症状が出たらすぐに検査に行ったほうがいいですか?
A.はい。症状が出ている場合、検査と治療は早いに越したことはありません。症状が重くなると治るまでの期間が長引く場合があります。
例外として、梅毒とHIVは疑われる行為をしてから1ヵ月ほど経たないと検査で陽性か陰性か確認できないので、来院していただいても二度手間になる可能性があります。詳しくは電話かメールでお問い合せください。
Q.性病検査キットを使用したら陽性でした。薬だけもらうことはできますか。
A.はい。薬だけの処方も行えます。(ただしその証明となるものをお持ちください。)
Q.たいようクリニックは、保険診療の泌尿器科とどこが違いますか?
A.自由診療なので、医療費通知が会社や家に届くことはありません。つまり、性病の検査、治療をしたことは誰にもバレません。
また、保険診療では使えない効果が高い薬を処方できるので、何度も病院に通わなくて済むケースがあります。
受付、医師、スタッフはすべて男性、お客さまも男性のみなので、恥ずかしさなどなく検査・治療に来ていただけます。
たいようクリニックは土日祝日を含め、年中無休です。